Wing foil製作開始

2023年9月1日よりオリジナルwing foilの製作

昨今の動画サイトで見かけたWING FOILの動画を拝見。

ボードの種類と水中にに沈むFOILという筐体の浮力特製を利用した新しい水上乗りものは、現代の若者を始め高齢層のサーフギヤーとしてとても見力的に感じ、40年近く製作してきた模型グライダーの製作ノウハウを生かせると感じ、着手することとしました。

2023年9月からSNSを中心に様々な動画・写真を視聴し、自分用のフォイルを製作するために今年正月から制作に着手。

簡単に制作するには販売されている商品を購入し、モディファイを加え、オリジナルとするのが簡単ではあるものの、空を飛ぶ模型グライダーと違って速度の違いからどのような翼型が適しているのかのノウハウがまったく無く、当初様々な動画を拝見し、目的にあった大きさや、翼型(断面形状)尾翼(スタビライザー)の面積、胴体の長さなど同じウイングフォイルでも違いの目的がわかって来ました。

グライダーで言う、対気速度レンジが空モノとは違いそう幅広くないように感じ、リフトの安定を重視した初心者タイプをはじめにと着手です

ポンプフォイル(重心移動を利用し空気帯で言う揚力を水中で得るためにメインウイング(グライダーで言う主翼)の重心移動を利用し揚力を稼ぎながら前に進む要領です。

安定して水面上へ浮きながら進むためにはポンピングを繰り返し推進を得る必要があります

ボードに乗れるようになるまでは、多くの人が湖面のデッキ(ボートデッキ)などから初速を押しながら付け、飛び乗ってポンプ動作をしながら方向安定のコントロールを体感会得している動画が多く、またはE FOILと言うモーター付きボードはサップの小型板ボードの中にコントロールアンプ、バッテリー などを防水ボックスへ内装し、Wi-Fiのピストル型コントローラーでモーターの回転を制御する方法が一般的のようで、ストラップ付きのトリガー式コントロールでモーターをコントロールする方法を採用し、転んでもその場から再スタートすることが比較的容易なため、初心者でも会得する時間が少なくて済むのが見力的です。

フォイル自体はどれも同じ形上で使うことが可能なようで、湖面状の乗るボードを3種類(ポンピングボード・サーフボード。電動のE-FOIL

用のボード)作ればオールマイティーに楽しめることが出来そうと判断しました。

ポンプタイプボード(スケートボードのような平たいタイプ)

カイトを利用してヨットの原理で乗りこなすタイプ用のボード(これは水面に浮いた状態を維持できる浮力が必要と思われ、サーフィンボードの小型盤的面積で製作する必要なありそうです。

E-FOILボードはモーター駆動用のバッテリー・コントロールアンプ・冷却用ポンプYやWi-Fi装置(受信機)などを完全防水でボックスへ内装する必要があります。

これだけの装置はリポバッテリー が一番重く、22000ミリ(6セル)x2こ(48v仕様)を入れなければならず、ボードの厚みも10cmは超える筐体となってしまいます。

一番のネックは完全防水とせねばならず、入れ込んでハッチ(上蓋)を水滴一滴をも防ぐ構造で作らねばならないのが一番大変かと思います

それとポスト(水にある垂直なフィン)へモーターを固定し、ブラシレスモーター(48v仕様)のリード線を、水面上のボードへ配線するものも防水を考えねばなりません

YouTubeの動画を参考に独自の構造を考えねばならないですね

2024年5月末 記

着手より半年以上が経過し、なんとか3台製作し完成しました。

湖面状のボードはどれも同じ形で、カラーリングを代えてドレスアップしてみました。

今日からE_FOIL用のボードNOマスターモデルを着手

いよいよ終版の製作にかかります

私のメインに楽しむ電動タイプのボードの聖s買うに取り掛かります

5月25日

ブルーフォーム100+30ミリの物から、平面系を罫書き、ジグソーでカットしますあとはカッター・ペーパー・ディスクグラインダーを駆使し左右断面均等になるように手で削っていきます。

いつもそうですが、私のやる方はハンドレ主体でグライダーの胴体や主翼のマスターモデル・どんな形もハンドレで仕上げてきました

朝から晩までまる2日間、ケズリ倒し製作です

そのせいで粉塵(削った粉)が目に入り眼科へ行く羽目に。

約1週間マスターもデルの製作に費しやっと完成です

これから雌型を製作に移ります製作予定個数が極小ですので、それなり の雌型にします

それからいよいよ製品作りに移る予定です

5月6日

マスターモデルから雌型制作に入ります

まずは上面から表面塗装を研磨、3000番まで磨き上げコンパウンド処理

そしてワックス処理をしてパーティングラインの固定です


見切り板は0.8ミリペットシート、ホームセンターで販売しているものを利用してます。

今日はここまでの作業で終わりました

いよいよ明日、ゲルコート塗布作業に入ります

tadashi yuuki Written by:

1957年1月28日生まれ 幾多の職業を経て2001年模型工房YOUKIとしてビルダー業をスタート。RC模型グライダーを中心にオリジナルセールプレーンを製作しております。 パイロン機製作や南極観測用無人飛行機(UAV)も手がけ、趣味を渓流釣りのフライフィッシングから海での投げ釣りまで雑多な釣りを趣味とし、太平洋に面した島国、宮城県宮城郡の七ヶ浜町を拠点にに活動、18歳のころから、RC模型グライダーを趣味として、世界選手権まで参加できたことをきっかけに現在に至っております。 オーダーメイドの機体製作も承っておりますので、興味のおありの方は是非ご来店、ご連絡くださいませ。 2014年、農業社の方からの御依頼で、マルチコプターによる農薬散布機開発に着手、4kg液剤or粒剤散布が可能として2015年春より実働開始です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です