ASH-25 マイクロスケールモデル1500ミリ機 完成

 

ASH-25 マイクロスケールモデル

スパン1500ミリ テストモデル完成

昨年12月末より着手しましたASHー25の電波法改正による機体制限にある申請機重量制限にある200g以内を目指し製作に着手。

スパンを1500ミリにし、小さいサイズながらもスケール感を重視しながらも「良く飛ぶ」機体をと製作にな入りました。

諸元

スパン:1500ミリ

面積:10デシ

水平尾翼面積3デシ

搭載メカ:受信機4g  サーボ2gx2個  バッテリーリポ1セル100ミリ

EL/RUの2CH操舵(リンケージ はトーションバーシステムを採用)

構造

主翼・尾翼は雌型からのフォーム直張り構造

胴体:グラスクロス極薄クロス積層ウレタン塗料仕上げ

 

昨年12月20日から登録制度がスタートした法規制の重量制限、当初200g以下は無許可のはずだったのですが2020年6月から100g以上の機体は申請が必要と決まり、問題なく制作が可能な重量の200gから一気に100gへと変更せざるを得ないこととなり、100gをクリアーできる機体を製作してまいりましたが、テスト機8機を製作した中でクリアーできたのは1機だけでした。

その機体も在量の軽減をモク的に製作したためか主翼の曲げ強度不足でスパー(カーボンロービング12Kをテーパー配置)の外側で上面座屈してしまうアリ様でクロスの選択やロービング配置を色々テストし8機のテスト機完成となりました。

当初は背中へモーターを取り付け、回転するとともにリトラクトとなる構造でEPプレーンとしての完成を目指したのですが、100g以下での重量で製作することは無理と判断。

ピュアー機として海岸の堤防や河川敷の土手のスロープ飛行用としてリリースすることを決定しました。

実機の設計図を入手、主翼スパンと胴体の縮尺は実機並みのアスペクトで製作し、対象物が無ければ大型機に見えるほどです。

水平尾翼だけは3%の面製増加で水平飛行安定WO狙い製作しました。

昨今販売されているショックコードも外径2ミリのものがあったりで、ショックコードで曳航しサーマルハントできる様にと軽量化に努めました。

搭載メカは、サーボ2gのものを2個(ラダー・エレベーター)を制御。

主翼の剛性をしなりながら旋回するべく翼端へいくに従い極薄の翼型を採用しました。

サーマル旋回では実機の様なしなりながら旋回する様を模型で出せればとの狙いです。

主翼面積10 デシで重量が108gですので翼面荷重10.8デシ/cm2

となりますので十分サーマルハントが可能な機体として飛んでくれるはずで、ショックコードでの曳航がうまくいくかどうかですね。

近日中にメカ搭載を終え、初飛行を予定しております。

1−2メートルの弱い風のなかでサーマルハントしながら飛ぶ様をビデオにとることができますれば、動画紹介を明記しますのでお楽しみに。

 

tadashi yuuki Written by:

1957年1月28日生まれ 幾多の職業を経て2001年模型工房YOUKIとしてビルダー業をスタート。RC模型グライダーを中心にオリジナルセールプレーンを製作しております。 パイロン機製作や南極観測用無人飛行機(UAV)も手がけ、趣味を渓流釣りのフライフィッシングから海での投げ釣りまで雑多な釣りを趣味とし、太平洋に面した島国、宮城県宮城郡の七ヶ浜町を拠点にに活動、18歳のころから、RC模型グライダーを趣味として、世界選手権まで参加できたことをきっかけに現在に至っております。 オーダーメイドの機体製作も承っておりますので、興味のおありの方は是非ご来店、ご連絡くださいませ。 2014年、農業社の方からの御依頼で、マルチコプターによる農薬散布機開発に着手、4kg液剤or粒剤散布が可能として2015年春より実働開始です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です